駐車場運営で失敗しないポイントとは?メリット・デメリット・始め方なども解説!

例えば、相続などで相続した土地を有効利用したい方、サラリーマンだけれども副収入を増やしたい方など駐車場運営に興味を持たれる理由は様々でしょう。
一般の賃貸物件の経営よりは、コストがかからずリスクも低いことでより多くの注目を浴びています。
それでも、土地整備費用や精算機、看板などを準備することを考えると初期費用はそれなりにかかってくるのです。
そうした費用を無駄にせず、失敗しない運営をするためには、まず何をするべきかをお伝えしていきます。

駐車場運営で失敗しないポイントとは?メリット・デメリット・始め方なども解説!

駐車場運営に興味があるが、まずは何から始めるかと考えた時に、一番必要なものは入念な事前調査です。
駐車場運営で失敗する方の多くは、この事前調査を疎かにしてしまったことが原因と言っても過言ではありません。
まず、利用者がどれくらい見込めるのかというのが一番の懸念材料となります。
そして、素人目から見ても利用者が多いだろうと予測できる土地でも、そういった場所には競合相手が多くいる場合があります。
これらを素人で判断するのは、なかなか難しいことでもあります。
失敗しないためには、駐車場運営の知識の豊富な専門の会社にいくつか見積をもらい、信頼できる業者を選定することが一番の近道となるでしょう。

駐車場運営には数多くのメリットがある!

家を建築する予定などがない余った土地の利活用について頭を悩ませることはないでしょうか。
遊休土地を利用して安定した収益を見込める方法として駐車場運営があり注目を集めています。
それというのも駐車場運営には数多くのメリットがあることが意識されているからです。
例えば空き家を相続したものの、居住する予定もない場合建物を解体し更地にしてしまうという事例を前提に想定してみましょう。
更地にしてしまうと、固定資産税の軽減措置の対象外となるので毎年の税負担が跳ね上がるというリスクがあります。
これに引き換え駐車場にしてしまえば、宅地ではなく雑種地評価になるので、固定資産税課税標準額がさがることで税負担を軽減できます。
もちろん駐車場運営による賃貸料収入を見込めるので、税負担を吸収しながら安定した不労所得を確保できることもメリットです。
また空き家管理に付き物の、掃除や雑草・害虫駆除など不動産管理負担などの負担を回避できるのも見逃せません。

始める前に知っておきたい駐車場運営のデメリット

駐車場運営は比較的低コストで始めることができ、ローリスクな投資・資産運用で人気がありますが、運営を始める前にしっておかなければいけないデメリットや注意点があります。
それは、同じ広さの土地でのマンションアパート経営と比べて土地利用率が圧倒的に低く、その分収益性も低いということです。
3階建て、5階建てと居住空間を作れる住宅運営に比べて平地での駐車場では利回りが低くなってしまうのです。
月極駐車場の場合、ほとんど初期費用がかかりませんが、不法駐車やトラブルも起きる可能性が高くなります。
またコインパーキングでは不法駐車の心配はなくなりますが、機械設備が必要なので初期費用が高くなります。
このように、建物をたてる必要がなく気軽に始められる駐車場運営ですが、計画通りの見込み収益が実際に計上できるのか、単価が低い分地道につみあげていくしかありません。
近隣で安い価格の駐車場ができた場合に流れがとられてしまうと収益ダウンにつながります。
市場調査も継続的にしなければいけないという手間もデメリットといえるでしょう。

駐車場運営には3種類の方式がある

駐車場運営は、比較的少ない費用で始められるというメリットがありますが、その運営方式は大きく個人経営・管理委託方式・一括借り上げ方式の3種類に分けられます。
個人経営は、駐車場運営に関する全ての業務をオーナー自らが行う方式です。
駐車場の管理に手間がかかりますが、業者を挟まないので売上が全て収益になるというメリットがあります。
管理委託方式は、駐車場の施工までをオーナーが行い、運営開始後の管理業務を駐車場運営会社に委託する経営方式です。
管理委託料が発生するものの、管理の手間がかからないので本業が別にあったり、遠方に住んでいたりしても駐車場の運営が可能となります。
一括借り上げ方式は、主にコインパーキングで採用されている運営方式です。
駐車場運営会社に土地を貸し、その土地を駐車場として活用してもらうことで賃料を得る方式で、サブリースとも呼ばれます。
一括借り上げ方式は、管理の手間がかからないことに加えて、初期費用やランニングコストが不要というメリットがあります。
また、毎月支払われる賃料は一定なので、安定した収入が得られるというメリットもありますが、稼働率がどれだけ高くても得られる収入は増えないので注意が必要です。

一般的な駐車場運営の始め方を押さえておこう!

駐車場運営の始め方はいろいろとありますが、基本的に空いている土地を持っていないとスムーズに運営を開始するのは難しいです。
そのため最初に土地の用意をするのが大切になりますが、大体の場合は空いた土地を有効活用したいから駐車場運営を思い立つと考えられますから、この点はすぐに完了すると考えられます。
また運営をするときは最初に月極なのかコインパーキングなのかを決めていかないといけませんが、月極の場合は基本的に土地を整地していけば簡単に運営を開始することが可能です。
コインパーキングでは専用の機器を用意しないといけませんから、専門の業者にサポートをお願いしないといけません。
一括借り上げのサービスを利用すると、駐車場運営のサポートを受けることができますから初期費用が少ない状態でも運営を開始することができます。
駐車場運営の始め方はそこまで難しくありませんから、土地を用意できれば専門業者にサポートを積極的にお願いすることで簡単に開始することが可能です。

筆者:市田三成

筆者プロフィール

熊本県山鹿市生まれ。
駐車場運営で満足度を高めるために必要な情報を記事にしています。
駐車場経営の始め方