駐車場運営の初期費用の相場はどれくらい?

駐車場運営の初期費用の相場はどれくらい?

駐車場運営を目指している方にとって、初期費用は気になる部分ですが、空き地を所有していて月極駐車場にする方法では相場は大きく変わります。
例えば雑草を自分で抜いてから除草剤を撒いて起き、砂利を敷き詰める簡易的な方法であれば20万円から30万円程度で済ませられます。
一方で砂利ではなくアスファルトを施工して白線を引くような場合では、坪数による違いがありますが、70万円程度から100万円を超える可能性があります。
ライン引きに関しては、ホームセンターで専用塗料が販売されているので、マスキングテープと刷毛を購入することで低料金で施工はできます。
駐車場運営をする方の中にはコインパーキングを選択する方もいますが、この場合は機械器具の設置が欠かせないので駐車可能な台数による違いはありますが、概ね200万円から300万円程度が相場になります。
初期費用をゼロにして駐車場運営を行うことを希望する方は、借り上げ方式を選択するとゼロ円でスタートでき、毎月に運営会社からの賃料を収入にできる方法です。

駐車場運営を続ける上で必要となるランニングコスト

駐車場運営のランニングコストはそれほど高くありません。
建物を用意しなくてはならないマンションやアパートなどと違って、経年劣化する対象が少ないからです。
誰の駐車スペースかを示す立て札や、エリアを表すロープ、白線などは少しずつ劣化することも考えられるので、それらの修繕費用は用意しておいた方が良いかもしれません。
アスファルトで舗装してある駐車場となると、そちらの費用も考慮する必要があります。
一方で、駐車場運営のフランチャイズなどと契約した場合には、さらにランニングコストがかかるため注意が必要です。
多くの場合は料金の回収や利用者の車を留めるためのシステムを導入する必要があり、それらを利用するための費用が毎月かかるからです。
利用者の多い地域であればそれらのシステムを導入しても収入の面ではプラスになるかもしれませんが、あまり利用されない地域の駐車場ではコストばかりがかさんでしまう恐れもあるので注意するようにしてください。

筆者:市田三成

筆者プロフィール

熊本県山鹿市生まれ。
駐車場運営で満足度を高めるために必要な情報を記事にしています。