駐車場運営で月極駐車場を選択するメリット・デメリット

駐車場運営で月極駐車場を選択するメリット・デメリット

駐車場運営を始める際は、月極駐車場とコインパーキングのどちらかを選択することになりますが、前者は機械の導入が不要で、舗装も必須ではありません。
そのため、少ない初期費用で始められるとともに、駐車場以外の活用方法に転用しやすいというメリットがあります。
加えて、安定した収益が得やすいのもメリットのひとつです。
コインパーキングとは異なり契約期間が長期にわたるケースが多いので、契約者が見つかれば毎月安定した収入を得ることができます。
一方で、契約者が見つからずに空きが多い状況が続くと、収入が大きく減ってしまいます。
特に、狭小地や変形地の場合は集客が難しいので注意が必要です。
また、料金設定に工夫ができないというデメリットもあります。
駐車場にはエリアごとに相場がありますが、コインパーキングで駐車場運営を行う場合は最大料金や夜間料金などで他との差別化が可能です。
しかし、月払いが基本の月極駐車場の場合は料金設定に工夫の余地がなく、相場以上の料金で貸し出すのが難しいという側面があります。

駐車場運営でコインパーキングを選択するメリット・デメリット

駐車場運営は、大きく月極駐車場運営とコインパーキング運営の2種類に分けられますが、一般的には後者の方が儲かると言われています。
月極駐車場の場合、駐車台数によって収入の上限が決まりますが、コインパーキングの場合は利用者の出入り回数によって収入が決まります。
また、最大料金や夜間料金などで周囲との差別化が可能なので、ニーズに合わせた料金設定ができれば月極駐車場よりも稼ぐことが可能です。
さらに、狭小地や変形地でもニーズがあるエリアであれば集客できる可能性が高いというメリットもあります。
一方で、料金設定で周辺との差別化を図る場合は、継続的な市場調査が欠かせません。
加えて、月極駐車場とは異なり、路面の舗装や設備機器の導入が不可欠なので、初期費用が高くなる傾向があります。
なお、土地を駐車場運営会社に貸して、駐車場として活用してもらう一括借り上げ方式の駐車場運営では、初期費用を抑えることが可能です。
ただし、一括借り上げ方式の場合は毎月の収入は一定になるので、この点については十分に理解しておくことが大切です。

筆者:市田三成

筆者プロフィール

熊本県山鹿市生まれ。
駐車場運営で満足度を高めるために必要な情報を記事にしています。